換金率の平均相場を知り高い買取業者を利用しよう

MENU

アマゾンギフト券はいくらで換金することができるの?

アマゾンギフト券の換金率

 

クレジットカード決済で購入した10万円分のアマゾンギフト券がありこれを現金化したいと思います。

 

このアマゾンギフト券の購入額は10万円なので後にクレジットカード会社から請求なるため一時的にアマゾンギフト券を利用しクレジットカード現金化したからです。

 

ではこの10万円分のアマゾンギフト券はいくらで換金することが可能なのでしょうか?

買取業者によって換金率は異なっており業界の平均相場が存在するのです。

 

プレゼントされたアマゾンギフト券を換金される方は「できれば高く買い取ってもらえたら」と思うことになりますが、クレジットカード決済や携帯キャリア決済により自分自身で購入したアマゾンギフト券の換金はシビアなものとなるのはいうまでもありません。

 

なぜなら利用した金額を支払わなければならないため少しでもロスを減らしたいと考えているからです。

 

しかし10万円分のアマゾンギフト券を10万円で換金することはできません。

 

9万円になる業者もあれば8万5千円の業者もあります。

 

ではこの換金率の平均的な相場はどれくらいなのでしょうか?

 

2016年現在、多数のアマゾンギフト券買取業者を調査してみたところ、80%弱から90%強というのが平均相場の範囲となっています。

 

アマゾンギフト券の換金率は買取業者によってプランや金額の大きさによって変動することが少なくありません。

 

一律の買取率の業者でも市場の相場によって上下しており常に同じ割合で換金できるわけではなくその日の買取率となっているのです。
したがってこの平均相場の範囲内で推移しているのですが、純粋にいえることは

  • 90%以上なら高い
  • 80%以下は低い

と断言できます。


アマゾンギフト券の換金率が90%は高い割合なのか?

90%の換金率

 

アマゾンギフト券の買取業者に申し込みをし換金率を問い合わせたところ「初回のお客様なので90%の換金率となります」といわれました。

 

この90%の換金率というのは高い割合なのでしょうか?

 

一般的な金券ショップで取り扱っているJCBや百貨店の商品券の買取率は95%程度のところもありそれと比較すると少し低いようにも感じます。

 

しかしアマゾンギフト券は金券ショップでは取引されていない特殊な金券類といえるでしょう。

 

そのため金券ショップではなくWEB上にあるアマゾンギフト券買取専門サイトで換金することになります。

 

そのなかで90%の換金率は高い水準といえるでしょう。

 

では85%での買取だった場合はどうでしょうか?

 

金額やプランにもよりますが85%の換金率が平均的な割合なのです。

 

したがって85%未満の金額を提示された場合は低い買取率となります。

 

しかしアマゾンギフト券の額面によっては80%以下であっても低くはないものもあります。

 

それは1万円未満のアマゾンギフト券は多くの買取業者では拒否される額面となります。

 

基本的にアマゾンギフト券は1万円からの買取が可能となっておりそれ以下の額面は価値が低いものとなっているのです。

 

反対にギフト券の額面が10万円以上のギフト券も需要が少ないため買取に時間がかかったり換金率が低くなってしまう要因となります。
このようにアマゾンギフト券の買取にはある程度の条件があり、その条件が当てはまらなければ高い買取率で換金することができないことも少なくないのです。